MySQL女子のとほほい日記

WEB業界の濃ゆいシステムのところで働いているIT女子の日記です。理想は酸いも甘いも噛み分けたいけど、トホホいな話を綴ります。

■WEB業界で働く女子をもう少し詳しく分類してみた。(デザイナー・コーダー編)

以前書いた、WEB業界ってどんな女子がいるの?
の第二弾です。

今回はWEBデザイナー、HTMLコーダーのお仕事です。

うちの会社でも一番女性が多い部署です。


WEBデザイナーはお客様から要望を聞いて主にページの基盤となる
ヘッダーやフッターや、全体の配色、文字の間隔、大きさ
ボタンの大きさなどのデザインガイドを決めます。


雑誌やポスターの2次元をデザインするのとは違い
WEBならでは技術的な能力が必要になります。


過去に、紙印刷デザイナーがサイトのデザインを担当したら、手戻りしまくりの
どえらいことになったことがありました。。

私もキッレキッレにキレてましたが。


私はシステムエンジニアですが、仕事で打ち合わせすると
サイトの見やすさ・使いやすさ(UX:User Experienceっていうらしい)を気にする
WEBデザイナーの目線はすごく勉強になります。



HTMLコーダーはインターネットのページになる
ファイルを作ります。


昔はHTMLってメモ帳ソフトとかで1行ずつタグきってたけど、
最近のはなんか、難しくなってるのですごいな~と思います。



WEBデザイナーとかコーダーは家にパソコンと制作用ソフトあれば
十分家で仕事できるので(独立もしやすい)、子供ができたり、好きなところに移住しても続けられる
いい職業だと思います。